トップページ > 今年の冬コートは、肩幅が大きいドロップショルダーコートも狙い目

女性らしいシルエットのドロップショルダーコート

2014年の冬服では、ビックシルエットのコートが流行ってますが、ジャケットコートでは、ドロップショルダー型も多く登場しています。

CARAVEN ドロップショルダーコート

ドロップショルダーとは、肩幅を大きく取って、袖の付け線が、腕の方に落ちる感じで作るやり方のことを言います。

英国風のメンズスーツで使われる場合は、肩幅を”やや大きく”と言った程度ですが、今期のレディースコートで流行ってるのは、オーバーサイズに見えるくらい思いっ切り肩を落としたドロップショルダーです。

例えば、カルヴェン(CARVAN)の秋冬コレクションで登場した、パステルピンクのコートみたいな感じですね。

肩のラインは、超なで肩みたいな感じになるけれど、裾にかけて絞られていくので、全体的に丸みを帯びてフェミニンな感じになります。

体を包み込むような丸っこいシルエット…っていう意味では、今期のもう一つのトレンドキーワード、エッグライン(卵型ライン)に通じるものがあるのかもしれませんね。

リアルクローズでは、さすがに、カルヴェンのコートほど、極端なシルエットのものは少ないですが、それでも…

  • EGOIST(エゴイスト)
  • ROSE BUD(ローズバッド)
  • LagunaMoon(ラグナムーン)
  • bloundy(ブロンディ)
  • jouetie(ジュエティ)

…と言ったブランドが、ドロップショルダーコートを投入して来ています。

オーバーサイズを意識したかなり思い切ったドロップショルダーから、ちょっとだけ丸みを作る感じの控えめなドロップショルダーまで…そのシルエットも、けっこうバラエティに富んでいるので、気になる人は、チェックしてみて下さいね。